一回で効果を実感!小顔矯正❌たるみ改善

エマーシュ オンラインショップ

肌に必要なのは「保湿」ではなく「保脂」です

miho
WRITER
 
肌に必要なのは「保湿」ではなく「保脂」
この記事を書いている人 - WRITER -
miho
小顔・たるみ専門エステ エマーシュ
日浅 后保(ひあさ みほ)

●一回でも効果を実感!やさしく触れるだけでシャープな小顔に。

●たるみ・むくみ・エラ張り・顔のゆがみ・目の開き改善が得意です。
整形・プチ整形する前にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

スキンケアといえば「保湿」が重要視されます。
美容雑誌も美容関係者の多くも「保湿」の大切さを強調します。
肌に水分を入れるとしっとりする、と化粧水をたっぷり使われている方も多いと思います。

 

でも、本当に大切なのは、実は「保湿」ではなく「保脂」

 

油分補給ですね。

 

赤ちゃんと高齢者の肌の最も大きな違いは「皮脂量」です。

 

「若い時はシャワーを浴びても、丸い玉のような水滴が肌の上で弾かれてたのにな…」
よく聞くフレーズです。
私も言ったことあるかも(笑)

 

水滴が肌で弾かれるのは、しっかり皮脂が分泌され、肌が皮脂膜のベールで包まれているからなんです。
決して肌の水分量がいっぱいだから水を弾くのではなく、油(皮脂)によって弾かれているんですね。 健康な肌は、バリア機能が働いているから水分を弾くんです。

 

皮脂膜が形成されていると、体内の水分の蒸発を防ぐので、自然と保湿されます。
肌しっとり。しわもできにくい。
若々しくいられるわけです。

 

しかし女性は年齢とともに皮脂の分泌量が減り乾燥肌になりやすくなります。
そこでどうしても「保脂」が必要になってくるのです。

 

お肌の曲がり角は25歳だと言われますが、今は22歳くらいに下がってきているようです。
化粧を始める年齢が早くなっているのが原因と言われています。

 

メイク化粧品や、それを落とすクレンジング・洗浄剤には合成界面活性剤が使用されているものが多いです。
合成界面活性剤の作用で、若い頃から皮脂を流出してしまったり、肌表面のバリア機能を壊されたりしています。
そのせいで、早くから乾燥肌になりやすいのです。
つまり、肌が老化しやすくなっているということ。

 

とにもかくにも、皮脂の分泌が減ってくると、クリームによる「保脂」で補っていくことになります。
不安でクリームをたっぷり過剰に使われている方もいらっしゃいますが、必要量をきちんと見極め調整した方が良いです。

 

クリームは必要な場所に必要な量だけを使用すること。
過剰に補給すると、皮脂を分泌する機能がさらに衰えていってしまいますので注意してください。

 

皮脂タイプクリームはこちらから購入できます

 

* 小顔・たるみ専門エステ「エマーシュ」*

一回でも効果を実感!痛くない!たるみも改善!戻らない小顔矯正。

小顔・たるみ・むくみ・えら・ほうれい線・ゆがみなど、あなたの悩みを解決。

他のサロンで効果が出なかった方も、お気軽にご相談ください。

エマーシュ サロン写真

この記事を書いている人 - WRITER -
miho
小顔・たるみ専門エステ エマーシュ
日浅 后保(ひあさ みほ)

●一回でも効果を実感!やさしく触れるだけでシャープな小顔に。

●たるみ・むくみ・エラ張り・顔のゆがみ・目の開き改善が得意です。
整形・プチ整形する前にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 小顔・たるみ専門エステ エマーシュ , 2019 All Rights Reserved.