一回で効果を実感!小顔矯正❌たるみ改善

エマーシュ オンラインショップ

あなたの肌の「美肌菌」生きてる?

miho
WRITER
 
あなたの肌の「美肌菌」生きてる?
この記事を書いている人 - WRITER -
miho
小顔・たるみ専門エステ エマーシュ
日浅 后保(ひあさ みほ)

●一回でも効果を実感!やさしく触れるだけでシャープな小顔に。

●たるみ・むくみ・エラ張り・顔のゆがみ・目の開き改善が得意です。
整形・プチ整形する前にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

私たちの肌にはたくさんの「美肌菌」とも言うべき常在菌(バクテリア)が住んでいます。
その常在菌は肌表面の皮脂をエサにして生きています。
潔癖性の人は気持ち悪いかもしれませんが、私たちの肌はこの常在菌によって守られているのです。

 

美肌菌の役目(1):バリア機能の強化

「美肌菌」はエサである皮脂を分解して食べるのですが、この分解によって肌は弱酸性になります。
酸性の環境は、害を及ぼす菌やカビの繁殖を防ぎます。 簡単に言うとお弁当に入れる梅干しのように「除菌効果」があるということ。
肌のバリア機能も強化されるということです。

美肌菌

肌がアルカリに傾くと肌トラブルが発生しやすいのです。

 

美肌菌の役目(2):ターンオーバーを促す

また「美肌菌」は皮脂を分解する時に脂肪酸を産出します。
脂肪酸が肌の上で酸化すると、それが適度の刺激となり、肌代謝・ターンオーバーを促してくれるというメカニズムがあります。
まさに「美肌菌」です。

 

美肌菌にとってつらいこと

「美肌菌」の数は多い方が肌トラブルは少ないことが分かっています。
「美肌菌」をいっぱい持っていた方が肌にとっては良いということ。

 

しかし残念なことに、近年は「美肌菌」のエサである皮脂が少ない「乾燥肌」の方が増えてきています。
クレンジング、洗顔料、シャンプー、ボディシャンプーなど、洗浄系化粧品の主成分である合成界面活性剤で皮脂を流出させてしまっているのです。

 

皮脂がなければ「美肌菌」は餓死してしまいます。 肌はさらに弱くなり、トラブルが起こりやすくなります。

 

美肌菌を養う

合成ポリマーを使用したジェルやクリームで肌に潤いを補給しても、「美肌菌」が分解できないものは食料になりません。
逆に肌環境はじわじわと悪くなっていきます。
クリームを使用するなら、皮脂の成分を意識したもの、真似したものが一番おすすめ。

 

そして、洗浄系化粧品はできるだけ合成界面活性剤の量を控えたいもの。
石鹸や合成界面活性剤不使用のものがおすすめです。

 

最近は「美肌菌」を培養するために、できるだけスキンケアをしないでトラブルを改善していく「肌断食」も注目されていますね。
それも一つの方法です。

 

「美肌菌」を増やすためにはスキンケア以上に、栄養もしっかりとることが重要です。
たんぱく質をメインにビタミン・ミネラル。油脂もとってほしいです。

 

「美肌菌」は様々な種類が同居していており、皮脂の好みもそれぞれ。
バランス良く色々な食材を取り入れてください。
多種類の「美肌菌」を養うことができます。

 

* 小顔・たるみ専門エステ「エマーシュ」*

一回でも効果を実感!痛くない!たるみも改善!戻らない小顔矯正。

小顔・たるみ・むくみ・えら・ほうれい線・ゆがみなど、あなたの悩みを解決。

他のサロンで効果が出なかった方も、お気軽にご相談ください。

エマーシュ サロン写真

この記事を書いている人 - WRITER -
miho
小顔・たるみ専門エステ エマーシュ
日浅 后保(ひあさ みほ)

●一回でも効果を実感!やさしく触れるだけでシャープな小顔に。

●たるみ・むくみ・エラ張り・顔のゆがみ・目の開き改善が得意です。
整形・プチ整形する前にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 小顔・たるみ専門エステ エマーシュ , 2019 All Rights Reserved.